千代田区/番町・麹町・九段・平河町・紀尾井町の不動産探しをサポート 番町麹町STATIONが新しく生まれ変わりました

スタッフブログ

高畑勲展ー日本のアニメーションに遺したもの


皆様、こんにちは!

ただいま、北の丸公園内 東京国立近代美術館では

高畑勲展ー日本のアニメーションに遺したもの

が開催されています。

昨年多くの人に惜しまれつつ亡くなられた

アニメーション監督・高畑勲の初の回顧展です。

 

 

高畑監督、といえば

「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」「かぐや姫の物語」・・・

などジブリ作品を思い浮かべられる方が多いかと思います。

(ジブリ好きの私としては、もちろん欠かすことのできない作品です!)

 

会場に入って、監督の携わっていた作品の多さにとても驚きました!!

(初心者の感想で申し訳ありません)

「これも、これもなんだ!」と驚きの連続でした。

 

「アルプスの少女ハイジ」のオープニング曲はとても懐かしく

ハイジの世界に引き込まれてしまいました(*^^*)

 

会場内はハイジのジオラマのみ撮影が可能でした!

ちょっとアップに、、

ハイジとペーターが見えてきました(^^♪

もっとアップに、、

今にも動き出しそうな かわいらしいハイジ(#^^#)とおじいさん。

 

「火垂るの墓」はその空間に入ったとたんに

物語を思い出し涙が出てきてしまい、

「かぐや姫の物語」は

その美しい描写に引き込まれるものがありました。

 

平日の昼間でも多くの人で賑わっていました。

じっくり見ると二時間はゆうにかかる、そんな見応えのある

素晴らしい展覧会でした。

 

10月6日まで開催されているので、

ぜひ見に行かれてはいかがでしょう(*^^*)

 

 

会場の外にはハイジの家の一部が再現されていました♪

 

(ミー)